エフェクター

MXR phase 100(ジャンク)のケースに、自作エフェクターを載せかえた話。

どうも、じょーじです。

前回の記事、ラインセレクターと一緒に見つけました。

今回はこれ

MXR phase100のケース

MXR phase 100

のケースだけー!!!

新品のアルミケースを買うより安くて、塗装も穴あけもしてあるから楽に自作エフェクター組み込める!!と思ってオークションで購入。

で実際に届いて、持ってみると

重っ!!!

こんなに重いやつだとは思わなかった。

せっかく材料箱の中から発掘したので、

これ

自作ファズの写真

そう、自作のファズをのせかえてみることにしました。

ちなみにこの自作ファズのケースは、ダイソーで売ってる食料保存用のやつ。

フットスイッチよりもツマミの背の方が高くて大きいので、下を向かずに踏むと高確率でスイッチ押せないという・・・。

で、中はこうなってます。

自作ファズの中身

こいつをMXRのケースにのせかえます。

自作ファズをMXRのケースにのせかえ

こうなりました。

インプット部分のシールドが穴位置があわず、少し強引にとりつけ。

のせかえる時に回路を見たら、トランジスタじゃなくてオペアンプが使ってあった。

ケースにファズって書いてたのにディストーションの可能性が出てきました。

音が気になる・・・。

電池を入れて、音を聴いてみることにしました。

phase 100のケースに入った自作ファズ

ダイソーのケースに比べたら見違えるほどよくなりました。

シールドをインプットに差し込んで、フットスイッチをオン!

・・・。(LED点かない)

壊れてました。

修理をする気力までは残ってないので、また後日ですね。