G1X FOUR

JET「Are you gonna be my girl」風の音作りに挑戦。

今回はJETの「Are you gonna be my girl」に挑戦してみました。

一時期すごいはまったバンドです。

このバンドはドラムも大好きでよく練習してました。

そのJETの一番有名だろう曲の音作りに挑戦してみました。

挑戦というかあっとう間に作り終わりました。

 

今回も特に使われている機材をネットで調べることもせず、耳だけを頼りに作ってみました。

参考にした音源

アルバムの他の曲もいい曲ばかりです。

バンドスコア

アマゾンや楽天市場で検索してもJETだとこの一冊だけでした。後はブランキーのバンドスコアがたくさん出てきます。

僕が持っているのはアルバムGET BORNのスコアなので探せば古本であるかもしれません。

Amazon→JET バンドスコア

楽天市場→JET バンドスコア

出音確認に使用した機材

LINE6 Variax Standard(レスポール モデリングで使用)

セミアコのギターとフライングVのイメージがあったのでハムバッカーを使っているレスポールにしました。

ZOOM GCE-3(G1X FOURとG3nエミュレートで使用)

今回はG1X FOURやG3nの実機は使わず、GCE-3で音作りしてみました。

G1X FOUR とG3nのセッティング

セッティングは空パッチにアンプとキャビを置いただけで終わりました。

今回のはG1やG3に限らず、最近のマルチエフェクターならブランドが違っても簡単に似た音が出せると思います。

要するにマーシャルのモデリングだけで完了です。

というかリハスタにマーシャルあればエフェクターいらないかもしれません。

ピックアップはリアを使いました。

ギター→MS 800→MS4×12

となりました。超シンプル。設定も調整していません。

・MS 800

Input: HI Bass: 50 MID: 50 Treble: 50

PRSNC: 30 Gain: 70 VOL: 70

・MS4×12

MIC: ON D57:D421 50 Hi: 50 Lo: 50

おわりに

今回のはメモしなくてもいいぐらい簡単なセッティングでした。

どうも、僕の好きなバンドはシンプルなセッティングのバンドが多いみたいです。

じょーじのエフェクター音作りまとめ今ままでマルチエフェクターで作ってきた音作りのまとめページを作成しました。 初めての固定ページ作成の練習も兼ねてます。 ...