エフェクター

VOX / DISTORSION BOOSTER MODEL V830【レビュー】

どうも、じょーじです。

昨日に引き続き今回も、持ってるエフェクターを紹介。

今回のエフェクターはこれ!

DISTORSION BOOSTER by VOX。

見た目のデザインがカッコいいという理由だけで、買ってしまった品。

結果ほぼ使わないという・・・。

裏はこんな感じです。

「使わないときは電池を外してくれ。」

みたいな英語が書かれてる気がします。

中身はこんな感じ。

基盤が2枚あるので、ブースターとディストーションの1枚ずつってところですかね。

画像で見えてる手前のオペアンプには4558が使われてました。

奥のもう1枚の基盤にも何か使われてそうだけど、バラしてないのでわかりません。

後日たっぷり時間があるときに、バラしてみようと思います。

音について

まず全て12時の位置でオンにしてみると、壊れてるんじゃないかと思うくらい、極端に音量が落ちます。

低音もそこそこカットされたかな。

歪みもほぼない状態。

VOXのアンプみたいなジャキジャキした感じ。

DRIVEを回せば回すほど、歪みは増えるけど最大にしても、ディストーションというようオーヴァードライブぐらいに感じます。

それよりも、ザーッというノイズがかなり増えるのが気になります。

ますます壊れてるような気がしてきました・・・。

歪みはあまり期待せずに、LEVELだけを最大近くあげればブースターとしての役割はしてくれそう。

おわりに

書いてて壊れてる気がしてきたので、もう1台手に入れて音を比べて見たい。

本当に完動品の音は、こんな音なのかって思ってきた。

V810のオーヴァードライブ版もあるみたいなので、そっちを手に入れてみるってのもいいかも知れない。

あとエフェクトOn/Offのランプが見えにくい。

こっちがONで

こっちがOFF。

暗いところならもう少し見えるだろうけど、明るいところではわかりにくいです。