レビュー

整理したあとも生き残ったマンガを紹介!

どうも、じょーじです。

マンガって買って読む派の人は、どんどんと増えてきますよね。

僕もその一人でした。

独身のときはもう、毎月たくさんマンガを買ってました。

棚を買っても買っても、置き場がなくなるという。

結婚を気に買う量も減り、自分の中で整理ブームが来たときに持ってたマンガも大量に手放しました。

それでも捨てられずに生き残った、マンガがあります。

今回はそれを紹介します。

それは

  • 究極超人あーる
  • スラムダンク
  • みゆき
  • 宇宙兄弟
  • 進撃の巨人

です!ただ、ほぼストーリーとかにはあまり触れてません。

まだまだ紹介するときに、どう書いていいのかわからないのです。

究極超人あーる

このマンガはパトレイバーで有名なゆうきまさみさんの作品です。

このマンガは僕の1番のお気に入りのマンガでもあります。

DVDのみですけど、アニメ化もしてます。

主人公がアンドロイドで光画部(今でいう写真部)の活動が描かれたギャグマンガです。

昭和の香りプンプンでマンガも古くて、ぼろぼろになるたびに同じ巻を書い直してます。だんだんとブックオフでも見つからなくなってきました。

最近短編でちょくちょく出てたんですけど、31年ぶりに新刊でます。

すごい。

しかも全巻BOXセットまで!!

嬉しいしびっくりです。

https://natalie.mu/comic/news/279302

もちろん現物で買います。

モノが増えるけど、この作品だけは僕にとっては超例外です。

復刻も出るし楽しみすぎる。

スラムダンク

この漫画は説明不要なほど、有名ですね。

子供の頃から運動なんて、まったくと言っていいほどしませんけど、これ読むとバスケがしたくなってきます。

・・・すいませんウソです、しません。

最後辺りの言葉じゃなくて絵で見せるとことか好きです。

他にも、バガボンドやリアルも持ってましたがそっちは手放しちゃいました。

完結する前に、手放したので両方とも続きは気になります。

ジャンプ漫画は他にも幽遊白書やろくでなしブルースなどいろいろ持ってましたが、スラムダンクだけが残ってます。

奇面組だけはまだ実家で生き残ってるようなきがする・・・。

みゆき

あだち充さんの初期の方の作品ですね。

主人公とふたりのみゆきが登場するラブコメになるのかな。

あだち充さんの作品も好きで全部持ってましたが、膨大な量になるのでこの作品だけ残して手放しました。

他の作品も今だに読めるくらい好きですが、特にこのみゆきがお気に入りです。

プラネテス


宇宙のスペースデブリを掃除する主人公の話です。

ストーリーはちゃんと時間軸があって繋がってますけど

1話づつの短編が多くて読みやすいです。

アニメ版も見ましたがアニメはアニメで、いい作品でした。

宇宙兄弟


これも有名なマンガですね、また宇宙の話。

宇宙大好きやなと思った方、その通りです。

映画もマンガもアニメも宇宙が絡んでくると好きになりやすいです。

憧れてるんだろうなー。

このマンガは現在進行形で新刊がでるたびに、今だに買い続けてます。

最近の巻ではないけど、20巻あたりの話は1冊読むたびに泣いてました(いい話に弱い)

進撃の巨人

はい、このマンガも有名ですね。

駆逐してやるってセリフが印象に残るあのマンガです。

このマンガも現在進行形で買ってます。

もうすぐ終わってしまいそうな雰囲気ですね。

物語も盛り上がってきてめっちゃ面白いです。

新刊出るたびに前の巻から戻って読まないと、思い出せないことが多々あるけど。

アニメもシーズン3になりました(2018.08.08現在)

進撃の巨人はアニメで見るのもオススメします。迫力があるので。

おわりに

ということでこの6作品が現在うちにあるマンガです。

6冊残ってますが、究極超人あーる以外のマンガはそのうちKindleで全部買い直して、コミック自体は手放そうと思ってます。

今まで抵抗あって利用したことなかった、コミックのレンタルをしたら意外と便利で、最近はもっぱらレンタルで読むようになりました。

なので僕のマンガ読書は

1回読めば満足の作品はレンタル。

繰り返し読みたくなりそうなのは電子コミック。

になりました。

まぁ、最終的に実際に持ってるマンガは究極超人あーるのみになりそうです。