G1X FOUR

GOING STEADYのアルバム「BOYS & GIRLS」のギター音作りに挑戦。

どうも、じょーじです。

今回はGOING STEADYのアルバム「BOYS & GIRLS」の曲、全曲の音作りに挑戦してみます。

高校の時にどハマりしたバンドでバンドスコアも持ってるので、今までアルバム1枚丸々チャレンジしてみます。

もちろんG1X FOURを使って作っていきます。

G5nとかG3nで作った方が楽だなと思った音作りでした。

当然この記事自体、書き残すのに数日掛かりました。

備忘録として書き残しておけば、数年後また弾いてみたくなった時には楽に音作りができることでしょう。

個別でアルバムの曲順に書いてたんですけど、セッティングが被ってる曲が多いのでまとめました。

だらだらと長いので、見たい項目まで目次の中の見出しをタップ(クリック)さて移動したり、画面右下にある↑矢印をタップ(クリック)した方が楽だと思います。

参考にした音源

今聴いても、かっこいいバンドです。

Spotify→BOYS & GIRLS by GOING STEADY on Spotify

バンドスコア

バンドスコアはそうとう昔に古本で購入したんですけど、ネットでは今でも新品、古本ともにありますね。

Amazon→GOING STEADY バンドスコア

楽天市場→GOING STEADY バンドスコア

Yahoo!ショッピング→GOING STEADY バンドスコア

出音確認に使用した主な機材

LINE6 Variax Standard(レスポールモデリング)。

ゴイステはなぜかギターはレスポールってイメージがあるのでレスポールにしました。

ZOOM G1X FOURから直接ヘッドフォン。

詳しくはこちらの記事の練習方法に書きました。

ZOOMのG1X FOURを買いました。【レビュー】どうも、じょーじです。 ZOOMのマルチエフェクターの新製品が出ました。 G1on/G1Xonの後継種で名称は G1 ...

G1X FOURのセッティング

基本はDON’T TRUST OVER THIRTYのセッティングでいいと思います。

ただ途中録音するマイクの位置が変わってるのか、後でリバーブを足してるのか音が違って聴こえる曲もあるので、多少変更したりしました。

もしかしたらハムバッカーの載ってるストラトなどで弾いてるかも知れませんね。

DVDを見れば解決するかもしれないんですけど、見てません。

DON’T TRUST OVER THIRTY

ギター→MS 800→MS4×12

となりました。追加しただけでパラメーターも初期値のままです。

ピックアップはセンター。

・MS 800

Input HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 70

VOL 70

・MS4×12

MIC ON : D57:D421 50 : Hi 50 : Lo 50

UNIVERSAL

ギター→MS 800→FD2×12

になりました。

ピックアップはセンター。

・MS 800

INPUT HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 70

VOL 70

・FD2×12

MIC ON : D57:D421 90 : Hi 50 : Lo 60

THE BRIDGE

クリーンの音を聴くとストラトっぽい気がするけど、実際はどうなんだろう。

迷った曲です。聴きすぎてよくわからなくなってきたっていう・・・。

レスポールのリアで弾きました。

クリーンと歪みを切り替えるようにセッティングしました。

アンプのGainを下げた分、別のエフェクターで歪みをカバーしました。

ただアンプと同じような歪みを探すので悩みました。

そして出来た組み合わせがこちら

ギター→Sweet Drv→CloneCho→MS 800→FD2×12→P-P Delay

となりました。

イントロのギターが左右から聞こえてくる感じをP-P Delayで表現してみました。

本当はたぶん、左右1本ずつ計2本で弾いてるんだろうけど。

SweetDrvをオンオフすることで、クリーンと歪みの切り替えができます。

・SweetDrv

Gain 78 : Tone 50 : Focus 67 : VOL 62

・CloneCho

Depth 2 : Rate 18 : Tone 100 : Mix 17

・MS 800

INPUT HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 10

VOL 70

・FD2×12

MIC ON : D57:D421 90 : Hi 50 : Lo 60

・P-P Delay

Time 80 : F.B 5 : Mix 30 : Tail OFF

MY SOULFUL HEART BEAT MAKES ME SING MY SOUL MUSIC

1曲目のDon’t Trust~と同じセッティングでいいと思いました。

なので組み合わせは

ギター→MS 800→MS4×12

ですね。

パラメータも同じです。

FOREVER YOUNG・YOU & I・GOING STEADY の3曲

3曲ともUNIVERSALと同じ

ギター→MS 800→FD2×12

です。

ただ、ピックアップはリアにしました。

・MS 800

INPUT HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 70

VOL 70

・FD2×12

MIC ON : D57:D421 90 : Hi 50 : Lo 60

FRIENDS(ENDLESS SUMMER)

この曲はアコースティックギターとクリーンギターの2本いるので、それぞれ作ってみました。

アコギは

ギター→Aco.Sim→Room

ピックアップはセンターで。

そもそもVariaxギター本体でアコギの音だした方が、より本物のアコギに近い音がでるんですけどね。なんとなく作ってみました。

・Aco.Sim

Top 80 : Body 60 : Tone 91 : VOL 80

・Room

PreD 15 : Decay 10 : Mix 40 : Tail ON

クリーントーンは

ギター→MS 800→FD2×12→FD Spring

となりました。

コーラスを足すか迷ったんですけどやめました。

アンプもFD spring使うんだからFender系でもよかったんですけどMS 800のGain下げたやつでも十分だったので、そのままにしました。

歪みなしでリバーブを深めに掛ければそれっぽくなります。

・MS 800

INPUT HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 10

VOL 70

・FD2×12

MIC ON : D57:D421 90 : Hi 50 : Lo 60

・FD Spring

Color 0 : Lo 100 : Hi 100 : Mix 50

YOUTH・TANPOPO SONG の2曲

これも1曲目のDon’t Trust~と同じセッティング。

なので組み合わせは

ギター→MS 800→MS4×12

ですね。

ピックアップはリアで。

パラメータも同じです。

アンプを音が微妙に違う気もしてD57:D421の値を0にしたりしてみたりしたけど、結局1曲目と同じに落ち着きました。

STAND BY ME

組み合わせは

ギター→SweetDrv→MS 800→FD2×12→Room

となりました。

ピックアップはリア。

SweetDrvをオンオフすることでクリーンと歪みを切り替えます。

・SweetDrv

Gain 78 : Tone 50 : Focus 67 : VOL 62

・MS 800

INPUT HI : Bass 50 : MID 50

Treble 50 : PRSNC 30 : Gain 10

VOL 70

・FD2×12

MIC ON : D57:D421 90 : Hi 50 : Lo 60

・Room

PreD 15 : Decay 7 : Mix 34 : Tail ON

おわりに

このアルバムの音作りをしてるときに、やっぱ個別でオンオフできるG5n欲しいなーって思い始めました。

たしか最大9つエフェクトを並べることができるので、こうやって複数パッチ作ることなく1つのパッチでいけるよなーとか思ったり。

じょーじのエフェクター音作りまとめ今ままでマルチエフェクターで作ってきた音作りのまとめページを作成しました。 初めての固定ページ作成の練習も兼ねてます。 とりあえ...