日記

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!の感想。

どうも、じょーじです。

去年から1章ずつゆっくりと読み進めていた本が、ようやく読み終わりました。

その本は

「世界を歩いて考えよう!」ちきりん著

です。

いろいろな国の遺跡や施設の名前が出るたびに、グーグルで画像検索を掛けつつ読み進めました。

本を読んで、いろいろ考えたり思ったり。

海外旅行はまだまだ行かなくていいかなーと思った。

最後の最後に書かれてたトラブルの対処法は、すごい考え方としてためになりました。

近い将来バーチャルな世界で本物と遜色ない体験できる機器が登場して、安全に世界中を見て回れないかなーと、他力本願な考えも持ちました。

前回書いた記事、2018年買ったのに読めてない積読本。

これで1冊読み終わりました。

2018年買ったのに、読めてない積読本。どうも、じょーじです。 今日は2018年に買ったのに、今年中には読めなかった本リストです。 来年の今頃自分で見返す為の備忘録...