聴いてる曲

SOLEILの「SOLEIL is Alright」と「My Name is SOLEIL」を聴いた感想。

どうも、じょーじです。

今日は、Twitterのタイムラインで流れてきて知ったバンド、SOLEILのアルバムを2枚聴いた感想です。

最初に聴いたのはアルバム「SOLEIL is Alright」

SOLEIL is Alright

そして1曲目の「太陽がいっぱい」でした。

イントロからヤラレました。びっくりです。サイコー。

ビートルズのTaxmanそのまんまみたいなイントロ。

聴き進めていくと「メラ、メラ」と歌う歌詞、

ビートルズというかスパイダーズのメラ・メラという曲のフレーズが随所に入ってて、すぐに惹きつけられてしまいました。

曲の最後はPaPaPaPaとキンクスのDavid Wattsのメロディで終わる。

僕の好きな昔のバンドの美味しい部分が、アルバム曲のいろんな場面で使われていて、1曲1曲聴いていくのが楽しいアルバムでした。

後でバンドのことを調べたら、楽曲の作詞とか作曲を好きなアーティストの方が提供してました。

SOLEIL is Alrightで特に好きだった曲は

1.太陽がいっぱい

上で書いたとおり、聴いてすぐ好きになった。

5.エモ色のコラソン

ビートルズの前期みたいな曲調で、歌詞がキラキラしてていいなと思ったら、かせきさんが書いてた。どおりで好きになるわけだ。

11.恋の発熱40℃

なんか渋谷系みたいな曲。そこかしこにはっぴいえんどみたいな、ひと昔前のアイドル曲みたいな。みたいな。

My Name is SOLEILで特に好きだった曲

My Name is SOLEIL

2.恋するギター

映像ないかなとYoutubeで調べたら公式にありました

作詞・作曲真島昌利さん!知らんかった、これもビートルズ前期っぽいなーと思ってたらそれもYoutubeの説明欄に書いてました。やっぱりそうだよねと、納得。

3.青いインクのラブレター

この曲の後ろで聴こえるギターが好き。オルタネイトで3連弾いてるような。

6.夢見るフルーツ

少し古く聴こえるようなフィルターが掛かった曲。

ベースラインが好み。

11.さよなら14歳

スカみたいな曲調。歌詞が好み。と思って調べたらまたかせきさいだぁさん。

アルバム全部いい曲ばっかで、しばらく聴き続けそうな出会いでした。