聴いてる曲

ザ・ブルーハーツのおすすめ曲10選!

どうも、じょーじです。

THE BLUE HEARTSは、出会って僕の人生変わったと思ってるぐらい好きなバンドです。

今日はそのたくさんの曲から10曲選んでみました!

ベスト盤聴いてカッコいいと思った人に、聴いてもらいたい選曲にしました。

まったく聴いたことなくて、どれから聴いていいかわからないって方には

ベスト盤がオススメです。

俺的THE BLUE HEARTS 10選!

未来は僕等の手の中

1stアルバムの1曲目。

ベストには収録されなかったと思うんですが、イントロからかっこいい!歌詞もいい。

今だにこの曲を聴くとやる気がわき上がってきます。

ロクデナシⅡ

YOUNG AND PRETTY収録。

イントロからかっこいい!歌詞もいい。って、さっきと同じこと書いてますね。

イントロのジャーン!タカタカタッ!がいいんですよね。

僕でも耳コピできるし、特に難しいことはしてないと思うんですけど、それをカッコいいと思わせるところがすごい。

マーシーのコーラスが特に好きです。

スクラップ

ロクデナシⅡに引き続きYOUNG AND PRETTYの曲です。

この曲を聴くとベースラインに聴き入ってしまいます。

僕の右手

TRAIN-TRAINに収録。

一度聴いたら口ずさんでしまうような歌詞が、インパクトあります。

意図的なんだろうけど、途中でR側で鳴り出すアコギが印象的。

やるか逃げるか

STICK OUTに収録。

「死んだらそれでさようなら」って歌詞がすごく心に残る。

この歌は、死ぬぐらいだったら逃げていいんだよっていう風に僕は解釈しました。

闘う男

HIGH KICKS収録。

肉体的になかなかハードな仕事を振られたときに、脳内で流れがちな曲です。

すごい余談ですが、たぶん白井さんが弾いてると思うんだけど、このアルバムは特にキーボードが好きです。

年をとろう

DUG OUTに収録。

マーシーのソロアルバムの曲かと思うくらい雰囲気違うけど、聴けば聴くほど好きになる曲。

ムチとマント

年をとろうと同じくDUG OUTに収録。

のほほんとした曲調だけど歌詞が好き。

DUG OUTってアルバムは最初聴いたときは、パンクロック入ってないじゃん!ってなったけど、聴けば聴くほど好きになってくスルメアルバムです。

そして聴くときの体調や気分によっては、じわじわと重く心に刺さります。

真夜中のテレフォン

BUST WASTE HIPに収録。

ベースの河ちゃんが歌う曲。名曲。

曲もどこか他の二人の作る曲とは違ってる。

ライブではアレンジが違うから、なおさらアルバムバージョンが心に残る。

ダンスナンバー

これもまた1stアルバムに入ってる曲です。

「君のことを笑う奴は〜」ってフレーズが好きです。

何よりバンドで演奏したら楽しい!

おわりに

以上、10曲選んでみました。

さらに10曲に入らなかったけど11曲選ぶとしたら11曲目はキングオブルーキー。

歌詞が好きなんですよね。特に歌い出しの「選ばれなかった今日も〜」ってところが。

1分13秒あたりの少し笑ってしまう歌い方とか聴くと、この曲はリラックスしながらレコーディングしたのかなとか思ってしまいます。