日記

熊本の住吉駅で蒸気機関車を初めて見た話

先週末、熊本の人吉に行ってきました。

お目当ては、人吉駅で見れる蒸気機関車と転車台が動くところ。

子供がプラレールやトーマスが好きなこともあって、実際に生で見たら喜んでくれるかなと思って行ってきました。

結果、大喜びとは行かなかったものの、そこそこ楽しんでるように見えたのでよかった。

人吉についてまずは、駅の隣の人吉鉄道ミュージアムの3階にて12時9分着の機関車を待ちました。

12時ぐらいから待ってると、遠くで鳴っている汽笛が聞こえてきました。

すこしして、遠くの建物の上に移動する煙が見え始め蒸気機関車登場。

機関車が通り過ぎると、風向きのせいもあってかもろに煙を受け独特な匂いがしました。

今までしたことのない経験なので、ちょっと感動しました。

機関車は人吉駅でお客さんを降ろした後、しばらくしたらバックして線路の分岐点まで移動し、車線変更。

車庫の前で1時間ぐらい展示?停車してました。

そして今回一番の目的だった、機関車の転車。

蒸気機関車がバックしながら進入してきました。

近くで見れて迫力がありました。

バックしてるところもなかなか見れないだろうし、転車台に載ってるところまで見れてよかったです。