G2.1

ZOOM G2.1uでの音作りの方法(空パッチの作り方)

kingofrookie

どうも、じょーじです。

いまさらですが、ZOOM G2.1uの空のパッチの作成方法を書き残しておきます。

説明書にも丁寧に書いてあります。

特に音色のモデリングの説明が丁寧にしてあるので読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

下準備

けっこう簡単です。

まずは消していいパッチ(上書きして消してしまうのを防ぐため)を選択します。

写真では例としてA0番を使用します。

空のパッチの作成

準備ができたら1番左のツマミ(青丸)を回してCOMPにします。

COMPにしたら左のフットスイッチ(赤丸)を押します。

これで、COMPエフェクトをオフにできます。

次は1番左のツマミ(青丸)を回してWAH/EFXにします。

そしてさっきと同じように、左のフットスイッチ(赤丸)を押します。

この流れでもうわかったかと思いますが、1番左のツマミ(青丸)を回しては左のフットスイッチ(赤丸)を押すというのを繰り返せば、すべてのエフェクトをオフにできます。

CONTROLという項目だけは上のやり方でオフにできませんが、この項目はOUTPUTのとなりにあるCONTROL INに、何か接続している時に主に使う項目なのでそのままでいいです。

パッチの保存

PATTERNツマミの下にあるSTOREボタンを押します。

パッチ番号が点滅すると思うので保存したい番号に合わせます。

ちなみに、

[- EFECT TYPE +]と書かれてるボタンの+-を押すと表示左のBANK側が、

フットスイッチを押すと表示右のPATCH側の数値が変化するので、それで選びます。

決まったらSTOREボタンを押して上書きします。

空のパッチは1つではなくて、2つ保存しておくのをオススメします。

これでエフェクトが何も入っていない空のパッチの完成です。

あとは音をゼロから作りたい時にこの空パッチを呼び出して、音作りして終わったら作った音を、空パッチ以外のパッチに保存するようにすれば、何度でもゼロからすぐ作れるようになります。

G2.1uの説明書や最新ドライバ

説明書は公式サイトのトップページ一番下、生産完了品のページからG2.1uのページに移動してページ上の方にあるサポート&ダウンロードのページにあります。

「ZOOM G2.1u 説明書」で検索すれば一発で出てくると思います。

オーディオインターフェイス用のドライバも2020に更新されてるとか、古い機種なのにZOOMはサポートがすごいですね。

おわりに

僕がいま主に使用しているMS-50gは最初から空のパッチがあるけど、G2.1とかこれより前の606なども空のパッチがないので、このやり方でパッチを作っておくと楽です。

G2.1は作りがしっかりしてて、今でも十分使えるマルチエフェクターだと思います。この型ぐらいから僕個人的には歪みも使いやすくなってきました。

ZOOMのms-50gを買ってみた!(レビュー)
ZOOMのms-50gを買ってみた!(レビュー)
ZOOM G2.1uを使って斉藤和義 「やさしくなりたい」風ギター音作りに挑戦。メモ
ZOOM G2.1uを使って斉藤和義 「やさしくなりたい」風ギター音作りに挑戦。メモ
ZOOM G2.1u 音作り セッティング メモ JET 「Get What You Need」風
ZOOM G2.1u 音作り セッティング メモ JET 「Get What You Need」風
ZOOM G2.1u 音作り セッティングメモ NIRVANA 「Come As You Are」
ZOOM G2.1u 音作り セッティングメモ NIRVANA 「Come As You Are」
スポンサーリンク
ABOUT ME
じょーじ
じょーじ
サラリーマンしながら、創作活動(主に音楽)が趣味。
DTMを初めて3年ぐらい。ZOOM製品好き。
エフェクターの修理や自作などなど。
最近はいろいろな曲のギターの音色をマルチエフェクターで再現に夢中。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました